屋根施工事例|株式会社サンキョウ創建は500棟以上の実績がある塗装会社です。1棟1棟丁寧に塗り替えさせて頂きます。

株式会社サンキョウ創建
住宅塗り替え相談室

屋根施工事例

Before

After

地域 宇都宮市
施工面積 69.15u
工期 3日
施工プラン シリコンプラン
施工価格 18万円
施工ポイント 以前にご主人が塗り替えたとの事で大きな錆は見られませんでしたが、塗膜の剥がれや瓦棒の周辺に積み重なって固くなった塗膜片がありました。電動工具を使用して全面サンダーによる錆び落とし後、躯体自体が亜鉛メッキ鋼板屋根のため2液型のエポキシ系錆び止めを選択し、屋根専用のシリコン材にて2回塗布し仕上げました。

Before

After

地域 下野市
施工面積 114.73u
工期 5日
施工プラン スラリー強化法 シリコンプラン
施工価格 36万円
施工ポイント 乾式洋瓦のため通常の施工方法では対応できないため、乾式洋瓦専用の下地材及び仕上げ材にての施工となりました。150気圧による高圧洗浄ご洗浄では落としけれないスラリー層や瓦の段差に付着した細かいコケ等を金属のブラシにて入念に除去したのち、専用の溶剤系下地材を2回塗布した後、2液タイプの防藻、防カビ材入りのシリコン塗料を2回塗布することで仕上げました。

Before

After

地域 宇都宮市
施工面積 81u
工期 3日
施工プラン シリコンプラン
施工価格 18万円
施工ポイント ガルバニュウム鋼板屋根のため、通常使用する1液タイプの錆び止めでは対応できないため、硬化剤を混ぜ込む2液タイプのエポキシ系錆止めを選択し下地の調整に入りました。仕上げ材は屋根専用の溶剤系シリコン塗料を2回塗りにて仕上げました。

Before

After

地域 宇都宮市
施工面積 101.86u
工期 4日
施工プラン シリコンプラン
施工価格 24万円
施工ポイント 築後、初めての塗り替えとの事でしたが北及び西面にコケが多く見られたものの、躯体自体は年数の割にしっかりしていました。通常のプライマーを変更し、ドロドロした屋根専用のフィーラーに下塗り材を変更しての仕上げ塗となりました。吸い込みを止める事により仕上げ材の効果が充分に発揮されました。
また、雪止め金具が取付されていなかったため、今年の大雪で苦労されたとの事でしたので、必要面に雪止め金具も同時に取付しました。

Before

Before

After

After

地域 宇都宮市
施工面積 143u
工期 3日
施工プラン シリコンプラン
施工価格 36万円
施工ポイント 太陽光を載せるとのことで急遽工事になりましたが、東、西、南面は太陽光を載せることもあり、北面にコケが多く生えていたので、タスペーサー(縁切り材)をサービスにて施工させていただきました。せっかく塗装したのに太陽光が載せられてしまい職人としては少し寂しい気もしましたが、塗膜が生き返った状態での太陽光なので施主様も安心していられると思います。

Before

Before

After

After

地域 宇都宮市
施工面積 82u
工期 4日
施工プラン シリコンプラン
施工価格 21万円
施工ポイント 工場出荷時の塗膜は粉化のため高圧洗浄後ほぼ無くなりました。面積が少なかったため1日1工程に徹し、その分乾燥時間を設けました。下塗り後にタスペーサー(縁切り材)を挿入することで塗料と屋根材の密着を防ぎ雨漏り防止対策としました。又、棟板金の釘がかなりの本数出ていたので新しいビスで打ち替え後、ビス頭をコーキング処理し全面錆び止め後にシリコン塗装2回で仕上げました。

Before

Before

After

After

地域 宇都宮市
施工面積 50u
工期 3日
施工プラン シリコンプラン
施工価格 12万円
施工ポイント 折半屋根特有のボルトの錆び、及び塗膜の劣化(チョーキング)が見られたので、ボルト発錆部は電動工具にて錆の除去を行い、塗装面は150気圧の高圧洗浄にてチョーキング、土汚れ等を入念に落とした後、手ケレンにて塗膜表面の目粗しを行い、エポキシ系錆び止めを塗布し屋根用シリコン塗料にて2回塗り仕上げを行いました。

Before

Before

After

After

地域 宇都宮市
施工面積 149u(大屋根・下屋根)
工期 6日
施工プラン アドグリーンコートプラン(遮熱塗装)
施工価格 47万円
施工ポイント 以前に塗り替えした塗膜がなくなり、板金の重ね目に発錆び見られケレン後に補修塗りを行い、下塗りに入りました。エポキシ系の下塗り材を塗布後、遮熱塗装を行いました。夏場でしたが施工前の温度が約60度近くあり、施工後は約20度近く下がりました。施工後は靴下での歩行も出来るくらい表面温度が下がり、施主様も手を当て温度差に驚かれていました。

Before

Before

After

After

地域 宇都宮市
施工面積 145u(大屋根、下屋根)5日
工期 5日
施工プラン 弱溶剤2液型ポリウレタン樹脂仕上げ(スラリー強化法)
施工価格 48万円
施工ポイント 乾式洋瓦のため古いスラリー層を高圧洗浄機(150気圧)にて入念に除去した後、専用プライマーを塗布し硬化剤を混ぜ込む2液型のウレタン塗料にて仕上げを行いました。この様な屋根材の場合は通常の塗装方法ではすぐに塗膜が剥がれてしまうので職人としても神経を使います。手をかけた分仕上がりもピカピカで施主様にも大変ご満足して頂きました。

Before

Before

After

After

地域 宇都宮市
施工面積 238u(大屋根、下屋根)5日
工期 4日
施工プラン シリコンプラン(総錆+仕上げ1回塗り)
施工価格 46万円
施工ポイント 棟板金に発錆が見られ、また勾配が急なため北面のみゴルフボール大の斑点状の錆が一面均等に出ており瓦棒も発錆がありました。高圧洗浄後、電動工具にてケレンし、目粗し後に仕上げ塗りが1回のため錆び止めに硬化剤を混ぜ込む2液型のエポキシ樹脂錆び止め塗料を選定し、仕上げに屋根用シリコン塗材にて仕上げました。余談になりますがこの現場は以前の塗り替え時に高圧洗浄をせずに塗装したため、下屋根雨押さえ部分が全て塗膜が剥がれていました。コケや汚れの残っている上から塗装しても塗膜はすぐ剥がれてしまいます。こう言う現場を目にすると職人として残念で仕方なくなります・・・

屋根の種類にもトタン屋根から瓦屋根、新建材による屋根等いろいろあります。
その中でも塗れる屋根と塗れない屋根があります。
トタン、コロニアルはもちろん塗れますが、新建材屋根による乾式洋瓦とプレス式セメント洋瓦ではまったく異なります。
形は同じに見えても小口が異なります。プレス式は塗装不可ですが乾式洋瓦は塗装可能です。
施工方法も通常のトタン屋根やコロニアル屋根の塗装方法では塗れません。屋根は目に見えないところです、安心して任せたのはいいが1年もしたら塗膜が剥げてきた・・では後の祭りです。
外壁同様現場経験の豊富な施工業者を見つけることが大切です。
塗料も外壁と同じように沢山の種類が各メーカーから出されていますが、名称が異なるだけで中身はほぼ同一と考えて良いと思います。
アクリルからウレタン、シリコン、フッ素、無機、遮熱・・これに各社独自の名前を付けているだけなので選択する際は成分がどれにあたるのか業者または職人さんによく聞いて確認してから契約するようにして下さい。
耐光性やセルフクリーニング機能などは塗料によつて異なり、また期待耐用年数も異なります。
通常の塗料に加え現在は遮熱塗料もかなり人気が出ています。
当社の扱う遮熱塗料アドグリーンコートは日射反射率最高87%と排熱効果で塗膜表面が外気温とほぼ同じになります。
アドグリーンコート塗装に関しては当社とメーカーによる最長10年(塗り替えは5年)の連盟保証書が発行され、フッ素樹脂塗料での塗り替えにおいてはメーカーによる10年保証が発行されます。
又、屋根塗装の場合は外壁と違い、例えばコロニアル屋根の場合いだと築後20年未塗装の場合い雨漏りの原因となることもあるので再塗装不可となることもあります。
理想なのは築後7年〜8年頃に1度目の塗装をするのが良いとされています。
コケが生えているところを高圧洗浄するとコケと塗膜が同時に取れます。
取れた後はコロニアルの塗膜の無くなった素地だけになります、この素地にプライマーを塗布するとアスファルトに散水しているのと同じように素地にプライマーが吸われてしまい、下地調整の役目が果たせなくなります。
このような場合はプライマーを再度塗布することになるのですが勿論、この段階で材料費、労務単価も増えることになるので自然と工事代金も増えしまいます。
当社の場合屋根は特に見えないところなのでデジカメやビデオ撮影にて詳しく説明させていただいています。
屋根塗装も外壁同様失敗しない塗装工事をしてください。
ご相談だけでもお気軽にお問合せ下さればご説明いたします。

サンキョウ創建

このページの先頭に戻る